マイナンバー制度が始まり、
個人情報漏洩のリスクはさらに増大中

集合住宅のポスト付近においてあるゴミ箱から
個人情報漏洩の危険が

簡単、安全、エコな設計

POINT
1

マイナンバー制度が始まり、個人情報漏洩のリスクはさらに増大中

POINT
2

集合住宅のポスト付近においてあるゴミ箱から個人情報漏洩の危険が

POINT
3

簡単、安全、エコな設計

P-CUBEとは?

入居者専用の安全対策が施されたセキュリティポストです。

icon1

簡単!

プライバシー情報が書かれた紙を
P-CUBEに捨てるだけ!
袋に入れるなどのお手間もなし。

icon2

安全!

メタル製なので破損対策も万全。
回収まで鍵は開かないため、
不正な持ち出しも心配なし!

icon3

エコ!

P-CUBEで収集された紙は、
リサイクルで再利用!
環境にも優しいセキュリティです。

ご入居様の個人情報は大丈夫?

内閣府の調査では、国民の71%は個人情報の漏えいに不安を感じています。
しかし、個人情報漏えい事件は増え続けています。

マイナンバー制度が始まり、さらに入居者のリスクは増大中です。

漏れては困る個人情報とは?

内閣府の調査では、一般の家庭において、
漏れては困る個人情報は、メールアドレスやパスワードといったデジタル情報よりも、
郵送物など、ほとんどすべて紙媒体がほとんどです。

リスクの高い個人情報の多くは、「」に記載されているプライバシーなのです。

こんなにある!家の中にある個人情報!

お金に関する情報

・ATM支払い明細
・使っていない通帳
・給与明細、納税情報、年金情報

ショッピングや携帯の情報

・明細書に記載された購入履歴、
 氏名、住所
・携帯電話の通信履歴、携帯番号、
 利用金額

宅配便や郵便物

・宅配伝票の氏名、住所、電話番号
・毎日のように届くDM の氏名、住所

情報医療関係の情報

・薬の袋に記載された氏名、薬品名
・お薬手帳からわかる過去の病歴

学校に関する情報

・連絡網に記載された氏名、住所、
 電話番号
・子供のテスト結果、配布物

知人や家族の情

・何年分もたまった年賀状などの葉書
・古くなった写真、ミスプリントした写真
・住所録